行政書士の資格を取って夢を実現させよう!

ウーマン

資産を確保するために

個人の生活設計をマネジメントすることができる資格として、ファイナンシャルプランナーが挙げられる。この資格は将来の老後生活に対する不安、事故や病気などのリスクのマネジメントなど生活をより豊かにするために知っておくとメリットがある内容を学ぶことができる。

合格率を高めるために

勉強道具

専門学校または通信講座で

行政書士とは、役所に提出する書類や、権利義務を示す書類の作成における専門家です。具体的には、会社設立の申請書や役員の就任承諾書、遺言状や遺産分割協議書などを作成します。また、それらを使った手続きの代行が依頼されることもあります。いずれの仕事も、行政書士としての国家資格を有していなければ請け負うことはできません。つまり行政書士として働くためには、国家試験を受験して、それに合格することが必要不可欠となっているのです。行政書士の国家試験には、受験資格が設定されていないため、基本的には誰でも受験することができます。しかし国家試験の難易度は高く、例年合格率は5〜10%と低めとなっています。そのことから多くの人が、専門学校に通ったり通信講座を利用したりといった具合で、合格率を高めるための努力をしています。専門学校は、行政書士の有資格者から直々に受験のポイントを伝授してもらえる点がメリットとされています。また昨今では、夜間や土日に受講できるという専門学校が増えているため、働きながら行政書士の資格取得を目指す人からも注目されるようになっています。一方通信講座は、定期的に届けられる教材を使ってマイペースで学習できることから、社会人はもちろん育児中の女性からも人気となっています。また、全ての教材が手元に残るという点も、通信講座のメリットとされています。行政書士の国家試験の実施回数は年に1回なので、不合格となった場合の再受験は翌年となります。そのための学習に、手元にある教材を利用できるので、1年分の受講を新たに申し込む必要がないのです。

勉学

効率的に学ぶ為のコツ

ビジネス系の資格取得を目指す際におすすめなのがスクールへの通学です。専門家の指導の下、時間的にも内容的にもメリハリをつけて学ぶ事が出来るので忙しい社会人にとっては非常に効率的と言えます。転職時など、いざという時に有効活用出来る様に計画的に取得を目指しましょう。

婦人

好きなことを仕事に

保育士資格を取得する方法には、保育士養成校となっている大学や短期大学、専門学校を卒業する、試験を受験し合格するという2つの方法があります。2〜4年のカリキュラムを終了して確実に資格取得を目指すなら養成校、短期間での資格取得を目指すなら受験がおすすめです。